2018年03月07日

こんなん作ってま〜す

A4BCD81B-1972-4188-909D-26F1A5E14014.jpg
先日お客さんからサンゴにルビーを嵌め込んでもらいたいとお問い合わせを頂いたんですが、「天然ルビーだと高くなるからスワロフスキーでも良いでーす。」って言われて、パッと頭に浮かんだのが携帯デコレーションやネイルアートに使うラインストーンやなって思ったのですが、ラインストーンは裏側がフラットで接着剤でサンゴの表面に固定やから直ぐに外れそうやし、ちと危ないなぁ、やっぱキュービックジルコニアの赤で仕上げようと思って発注掛けようとして良く考えたら…

あっ、スワロフスキーにジルコニアが有ったわー。

んで、取寄せたのが上の画像のSZ(スワロフスキージルコニア)です。
赤だけ買えば良いものを別の色もついで買い(^^;)

このSZはGIA基準のピュアブリリアンスカットで仕上げた世界初のジルコニアと言うところに惹かれて他の色も仕入れてみました。
天然のメレーと同じ様な加熱処理が施されてるらしく色合いも良いです。
ただ、メッキ処理はしないでくださいと言う事なのでSV物には使えないかな。

んで、このSZの嵌め込みをしてて、ガードル部分がちゃんと収まったかルーペで確認してると、テーブル面に何かしらキズの様なものがあるのに気付いて更に倍率の高いルーペで見てみると、なんとテーブル面に0.1ミリあるか無いかの極小文字で「SWAROVSKI  ZIRCONIA」の刻印が入ってました。

おそらくレーザー刻印だろうけど今のナノ技術は凄いね。

でも、この刻印を入れておかないと「プロの目も欺ける」程のジルコニアと言う事です。
確かに、SZの黄色は天然のイエローダイアに迫る綺麗さがあります。

なんか長文になってしまいました
m(_ _)m

posted by カッチャン at 14:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする