2017年04月26日

ネックレスの磨き直し

96CDD321-5C54-4E96-B983-47E1F4BEF8B1.jpg0113182B-5578-4BA8-9162-D7C6F3AFC610.jpg
磨き直しとPS加工のご依頼で少し前にお預かりした地中海サンゴのネックレスです。

見た感じほとんど使われてない様子ですが、所々白っぽく白濁してますね。
これは塩酸を使って艶出しして、酸の成分がサンゴに残ってた場合に見られる症状なんです。

肉眼では見えないサンゴの細かなキズ等に酸が噛んでると、なが〜い時間経過と共に湿度等の影響でサンゴの表面が喰われて、画像のように白濁して艶が無くなってしまいます。
(こうなると表面が荒れまくってて磨くの大変なのよ(〃ω〃)

当方は珠やカボションのような無地ものは極力塩酸を使わず研磨剤での手磨きにこだわってますので仕上がりも美しいです。
(注:枯サンゴの場合はピカピカにはなりません。)

んでもって必死に磨いてPS加工したのが↓
CDADD258-5FC5-4E59-8B3C-80FF579F6F21.jpg
お客様から以前よりピカピカになったと喜んでいただけました。

地中海サンゴの中でも良質のものですから大切にご使用くだされ ( ◠‿◠ )



posted by カッチャン at 14:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする